メタマスクの作り方【超初心者向け】

NFT

 

悩める人
悩める人

最近、Play to Earn(ゲームをして稼ぐ)に興味を持っていろいろ調べているんだけど、「メタマスク」っていうものが必要みたい。
なんだか英語やカタカナばかりでよくわからないなあ…

悩める人
悩める人

NFTを買ってみたいからメタマスクを作りたい!。
どうやって作るのか、やり方を教えてほしい。

 

こんな風に悩んでいませんか?

私もこんな風に悩んでいました。

ましゅ
ましゅ

メタマスク?キツネのアイコン?なんかかわいいな。。。
けど、実際作るの難しそう~

 

・最近話題のNFTを買ってみたい!
・ゲームをして稼げる「Play to Earn」を体験してみたい!

という方のためにこの記事では、暗号資産(仮想通貨)ウォレットの代表であるメタマスクの作り方をお話していきます。

 

この記事を読んで、「NFTの購入」「Play to Earn」「Move to Earn」を体験をするための第一歩を踏み出してみましょう★

 

悩める人
悩める人

興味はあるけど、メンドクサイ~

 

大丈夫です!ウォレットを作るだけならば無料
しかも、思っていたよりも簡単に出来ます。



それでは、メタマスクの作り方を画像を交えながら丁寧にご紹介していきます★

 

💡この記事を読むと分かること
  • メタマスク(MetaMask)って何だろう?
  • メタマスクの作り方(画像14枚を使って超丁寧に解説☝)

 

ん?なんか難しそう~
暗号資産興味あるけど、なんかややこしそう~

という方こそ、この記事を読んでサクッとメタマスクを作ってみましょう★

 

ましゅ
ましゅ

仮想通貨初心者でPCの使い方さえもすぐ人に聞く私でも出来ました。
超丁寧に解説していくので、大丈夫ですよ!

 

メタマスク(MetaMask)とは?

悩める人
悩める人

そもそもメタマスクって何?

 

メタマスクとは、一言でいうと暗号資産(仮想通貨)のお財布です。

一般的には「ウォレット」と言います。

国内取引所であるコインチェック(Coincheak)やビットフライヤー(bitFlyer)でも暗号資産(仮想通貨)の管理は出来ますが、ウォレットに入れておく方が安全性が高いと言われています。

また、メタマスクのようなウォレットに暗号資産(仮想通貨)を送金することで暗号資産でNFTを買ったり、Defiでお金を増やしたりとWeb3.0の技術が使われているページに接続しての利用が可能になります。

メタマスク作り方

ここからはさっそくメタマスクの作り方を説明していきます。

パソコンでの作り方

暗号資産の取引はパソコンでやることが多いと思うので、ここではパソコンでの作り方をご紹介していきます。

 

①Google Chromeのウェブストアでメタマスクを探します
 (下記にURLを張っておきますのでご活用ください。)

 

②「Chromeに追加」をクリックします

 

③「拡張機能を追加」をクリックして、ブラウザの拡張機能に追加します

 

④この画面になるのでしばらく待ちます

 

⑤しばらくしてこの画面が出たら、メタマスク(MetaMask)が無事にGoogle Chromeの拡張機能に追加されたことになります
「開始」をクリックします

 

⑥今回初めてメタマスク(MetaMask)を作るので「ウォレットの作成」をクリックします

 

⑦注意事項を確認したら、「同意します」をクリックします

 

⑧パスワードを入力して、使用条件を確認後□にチェックを入れて、「作成」ボタンをクリックします
※この際のパスワードは出来るだけ長く他の人に分かりにくいものがオススメです!大切な資産を自分で守りましょう★

 

⑨ウォレットの保護についての動画を確認して、「次へ」をクリックします

 

⑩〇で囲んだ部分をクリックし、シークレットリカバリーフレーズ(シードフレーズ)を確認、紙等にメモを取ります

シークレットリカバリーフレーズは紙等にメモを取って、オフライン(お家にある通帳とかと同じように)で管理してください。Web上のメモやスクリーンショットなどで保管しているとハッキング等のリスクがあるようです。

f:id:mashublog:20220126152603p:plain

多額の暗号資産をウォレットに入れる場合には、シードフレーズを書いたメモを金庫等にしまうことも検討した方がいいと言われています。
それくらいこのシードフレーズは他の人に見られてはいけない大切なものです。

 

⑪シードフレーズのメモを取ったら、「次へ」をクリックします

f:id:mashublog:20220126154320p:plain

 

⑫先ほどメモを取ったシードフレーズを順に入力していきます
 全てのフレーズを入力したら、「確認」をクリックします

 

⑬この画面が出たら無事MetaMaskの作成が完了です!
「全て完了」をクリックします

 

⑭これがいま作成したウォレットです
 いまは暗号資産が入っていない状態なので、0ETHと表示があります。

 

お疲れ様でした!

今回は暗号資産(仮想通貨)のウォレットであるメタマスクの作り方をご紹介しました。
このメタマスクを使って、Web3.0の世界に一歩踏み出してみましょう★

コメント